Airbnb(エアビーアンドビー)完全自動化 エアビ民泊新法対応「ABCチェックイン」クラウド宿帳

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
airnbチェックインを自動化

Airbnb(エアビーアンドビー)に完全自動化のツールが開発された模様。ホストとゲストが対面しなくても民泊新法に対応したクラウドサービスが展開させるようです。

民泊施設の遠隔型運営「リモート民泊」のサービスを手掛ける株式会社チャプターエイトは、チェックイン手続きを民泊ゲストのスマートフォンで完結させ、住宅宿泊事業法(民泊新法)で義務化される宿泊者名簿をクラウド管理する新サービス「ABCチェックイン」の導入予約を開始しました。

Airbnbに関して言えば、フロントもチェックインもない仕様がほとんどですが、これからは民泊新法に合わせたクラウドサービスと共に民泊が進化するようです。

参照:

民泊施設の遠隔型運営「リモート民泊」のサービス開発・運営を手掛ける株式会社チャプターエイト(以下:チャプターエイト)は7月12日、チェックイン手続きを民泊ゲストのスマートフォンで完結させ、住宅宿泊事業法(民泊新法)で備付けが義務化される宿泊者名簿をクラウド管理する新サービス「ABCチェックイン」の導入予約受付を開始した
株式会社チャプターエイトのプレスリリース(2017年7月12日 16時44分)民泊新法対応誕生! クラウド宿帳でフロント無人化 ゲストはスマホで手続き

民泊新法の名簿

民泊新法では、Airbnbホストや運営代行業者に対し、ゲストの氏名や住所、職業などを記載した宿泊者名簿を作成した上で、都道府県知事の要求の応じて名簿を提出することが義務。

ABCチェックインとは

宿泊する物件に到着したゲストはスマートフォンでQRコードをよみこみ、他言語対応のチェックインページでパスポート画像の読み取りや宿泊者情報の入力を完了させます。

その内容は手続き時刻と同時にクラウド宿泊名簿に自動送信され、ホストはリアルタイムでチェックイン情報その他を確認することができます。

Airbnbでもチェックインした後にメールで確認することもできましたが、デバイスを使用した方がスムーズにチェックインを確認することができそうですね。

フロントが無人化

フロントが無人化されることで、ホストはゲスト到着時に滞在する必要がなくなるメリットがあります。

宿泊料の決済機能やハウスマニュアルのアップロード機能、日本初となるiNORTH KEYRemoteLockなどのスマートロックとの連携機能も実装しており、鍵の受渡しや決済、宿泊ルールの周知、外国語対応などのホスト業務も効率化します。

フロント無人かスゲーと思っていましたが、そういえばラブホテルって昔からフロント無人でしたよね。支払も自動支払機ありましたし。

民泊が、個人レベルでもラブホテル化できるという風に考えると簡単かもしれません。

ABCチェックインは第2弾

今年5月に第1弾として日本初の民泊向け無人物販スマホアプリ「Air Buy&Check(ABC)」をリリース。その後に民泊新法、特区民泊、簡易宿所向け宿泊者セルフチェックインサービス「ABCチェックイン」はこれに続く第2弾のサービスです。

第一弾もすごいと思いましたが、実際は第2段のABCチェックインの方が使用頻度は高そうです。

例えば、冷蔵庫に入っている有料のジュースやビールは追加料金としてデバイスで計上されるシステムです。あらかじめ登録しておいた商品については、ホストが決めた価格で販売もできるので、お土産などをリスティング物件の中で販売することも可能でしょう。

ABCチェックインの機能

airbnbで宿泊名簿

機能は日本語、英語、簡体語、繁体語、韓国語の「多言語対応」。

スマートフォンのカメラから読み込み可能な「パスポート情報取得機能」

宿泊者の名簿を簡単に記録可能な「宿泊者台帳入力機能」、写真、動画、ビデオ通話等、物件地域の条例に合わせた「本人認証機能」、宿泊者のスマートフォンに直接送ることができる「ハウスマニュアルアップロード機能」、いずれか好みの決済方法を選ぶことができる「事前決済/現地決済機能」だ。

事前決済にはBooking.com等のOTAサイトが活用され、決済手数料は3.75%となっている。また、「RemoteLock」または「iNORTH KEY」のいずれかを利用することで、決済に連動した鍵番号の公開機能も活用できる。

すべてのフロント業務がセルフでできてしまうというわけですね。すべての人がちゃんと使い方がわかればいいですが。

スマートフォンの充電が切れていたり、使用の方法がわからなかったりすることもありそうじゃないですか。

意図的に支払いをしないといったこともできそうなので、そこはゲストの良心に任せるしかないかもしれないです。(それでBooking.comに関しては事前精算制ということだと思います)

ABCチェックインは8月中に公式リリース予定

ABCチェックインは8月中に公式リリース予定となっており、初期費用は無料、月額料金は税込2,980円であるが事前予約で2ヶ月間無料となる。

月2980円でフロント業務が簡素化できるなら、使わないと損なぐらい。

問題は、ゲストがちゃんと支払いをするかどうかだと思います。

詳細URL:https://www1.airbuyandcheck.com/checkin/

まとめ

住宅宿泊事業法(民泊新法)に合わせて、クラウドサービスも進化しているようです。Airbnbホストが合法的に宿泊者名簿を作成するためには、クラウドサービス使用が効率が良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする