Airbnbmagが創刊!Airbnb(エアビーアンドビー) 海外 民泊物件専門雑誌

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2
airbnbmag 海外

Airbnb(エアビーアンドビー)最新情報です。民泊物件専用サイトのAirbnbがアメリカの出版社と組んでAirbnbmagという雑誌を創刊するそうです。民泊が世界中で広がっている証拠です。

Airbnbmagとは

民泊物件専門サイトの「エアービーアンドビー(AIRBNB)」が5月23日、アメリカの出版社ハースト(HEARST)と組んで雑誌「エアービーアンドビーマグ(Airbnbmag)」を創刊、旅関連の広告獲得を模索する。エアービーアンドビーのブライアン・チェスキー(Brian Chesky)最高経営責任者は、「世界中の旅行者は、常に刺激を求めている。新たな世界を届ける一方、身近な世界についても新たな知識が得られるような雑誌になれば」と話す。一方ハーストのジョアンナ・コールズ(Joanna Coles)=チーフ・コンテンツ・オフィサーは、「エアービーアンドビーは、旅行界の最先端。雑誌は、旅メディアの将来になるだろう」と期待を寄せる。

雑誌は膨大なデータベースから、今人気の場所や旅行を特集。創刊号はキューバ、テキサス州のオースティンなどを特集する。書店では1冊3ドル99セント(約440円)で販売する。

引用:WWDより

WWD

アメリカとイギリスで販売

AdweekというサイトにAirbnbmagの詳細が確認できました。

Adweek

全部英語の説明でしたのでGoogle 翻訳を使用します。

Raise your hand if this is the first time you’ve heard of the southern coast Finland burg of Porvoo. A destination that, somewhat hilariously, bears a phonetic correspondence to the way a well-meaning American in Paris might mispronounce the French words “pour vous.”

According to Jeffrey A. Trachtenberg’s piece in The Wall Street Journal, the editorial mandate of the first issue of Airnbnmag was driven by what people have been searching for most frequently on Airbnb. Put another way, if this was the debut issue of Googlemag, Kendall Jenner would be on the cover. Given the recent lift of the U.S.-Cuba embargo, no surprise that the following destination has claimed the initial cover spot for Airbnbmag.

あなたがPorvooの南の海岸のFinland burgについて聞いたことがあるのであれば、あなたの手を挙げてください。 パリでは意味のあるアメリカ人のやり方と発音の対応がやや陽気になっているが、フランス語の言葉は「大声を出す」と誤解するかもしれない。

ウォールストリートジャーナルのJeffrey A. Trachtenbergの記事によると、Airbnbの最初の号の編集上の任務は、人々がAirbnbで最も頻繁に探し求めてきたものであった。 別の言い方をすれば、これがGooglemagのデビューの問題であれば、Kendall Jennerがカバーします。 最近の米国・キューバの禁輸措置が解除されたことを考えると、次の目的地がAirbnbmagの最初のカバースポットを主張していることは驚きではない。

Produced in partnership with Hearst and arriving later this month, Airbnbmag has a great tag line: “Be at home in the world.” It’s concise, and feels in no way like it was gerrymandered through focus groups and boardrooms. (In fact, on that front, it reminds us the new one for Lowe’s: “All projects have a starting point. Start with Lowe’s.”)

Airbnbmagazine will be available starting May 23 in the U.S. and U.K. for $3.99. It is a print-only endeavor, with the second issue scheduled for September. Trachtenberg has some interesting details about how Hearst and Airbnb are working together.

In Finland, Porvoo is most readily associated with the country’s national poet, Johan Ludvig Runeberg, who settled there in 1837. His home was opened as a museum in 1882 and fully renovated in 2004.

Hearstと提携し、今月後半に到着したAirbnbmagは、「世界で家にいますか?」という素晴らしいタグラインを持っています。簡潔で、フォーカスグループや会議室を通って騒がしくなったような気がしません。 (実際には、その前に、ロウズのための新しいものを思い起こさせる:「すべてのプロジェクトには出発点がある。ロウズから始める」)

Airbnbmagazineは、米国と英国で5月23日から3.99ドルで発売される予定です。 それは印刷のみの試みで、第2号は9月に予定されています。 Trachtenbergは、HearstとAirbnbがどのように連携しているかについて興味深い詳細を持っています。

フィンランドでは、ポルヴォは、1837年にそこに住んでいた国の詩人ヨハン・ルドヴィグ・ルネベルクと最も簡単に結びついています。彼の家は1882年に博物館として開館され、2004年に完全に改装されました。

Amazonでは購入不可

airbnbmag

2017年5月6日現在ではAirbnbmagはAmazonでは購入できませんでした。

日本で購入するには

イギリスのアマゾンで調べて見ましたが、Airbnbmagの予約購入も不可でした。まだ発売されていないのでこの記事を作成した時点では、どこでも買えないようです。残念。

airbnbmag U.K

まとめ

Airbnbは世界規模で広がっており、Airbnbmagという雑誌も販売される。英語版でアメリカとイギリスで販売予定です。価格は3.99ドル。日本円にして500円程度です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする