Airbnbブログを書くエアビーアンドビーホストが少ない理由

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2
エアビーアンドビーとブログ

Airbnbブログを書くホストが少ない理由をご存じでしょうか。これだけ広まったエアビーアンドビーなのに、Airbnbを題材にブログ書いているホストが少ないと思いませんか?

Airbnbエアビーアンドビーブログでは、ばれてはいけないことがあります。

それはAirbnbを経営しているホストのほとんどが無許可で違法物件で営業しているからです。ちゃんと許可を取っているAirbnbホストは顔出しOKですし、物件の詳細もブログに載せていることがほとんどです。

9割以上が無許可営業といわれるAirbnb業界。これから法整備されていくのでしょうか。

Airbnbブログをエアビホストが書かかない理由

本来、国内で民泊をするためには旅館業法の許可もしくは特区民泊の登録が必要です。2015年ごろからじわじわと増えてきたAirbnbに対して政府のノーマークでした。そのころは、外国人旅行者がそこまで多いわけでもなく、問題になることも少なかったのです。

Airbnb物件の周辺には外国人がうろうろしてはいましたが、民泊の存在がまだ知られていなかったので「外国人旅行者が増えたのかな?」程度にしか認識がなかったようです。

2015年頃は、Airbnbを営業することについてグレーゾーンという噂が飛び交っていましたし(実際は、法律的にアウトです)エアビホスト同士では、ばれなければやってもいいという暗黙の了解があったようです。

Airbnbの登録管理画面からは、だいたいどのエリアで民泊をしているか確認できますが、お互い知らぬ存ぜぬということで干渉しないスタンスだったということです。

そして、Airbnbホストがブログを書けない理由は、ほとんどのエアビホストが許可をとっていないからということです。

Airbnbのブログで顔ばれがまずい

旅館業法の許可を取らず、Airbnbで営業していることがばれてしまうとどうなるでしょうか。まず、周辺住民に通報されます。その後、保健所の現地調査がはいり、営業停止指導が出されます。再三の営業停止指導を無視して、リスティングを継続したホストがいまして、逮捕された事例もあります。

つまり、Airbnbでブログを書いたりして、下手に有名になってしまうと通報される原因になってしまいます。もちろん顔写真や物件の特徴を書く事も危険になりますから、自分の物件に対して詳細を書くことはないでしょう。

Airbnbホストがブログを書かない理由は、顔ばれすると通報される原因となるからです。

Airbnbのブログが検索にあがらないだけ

エアビホストがブログ

ただ単にエアビブログを書いているホストはいるが、検索にあがらないということもあります。

「Airbnb」という検索ワードでの上位表示は、Airbnb運営代行業者や清掃業者、多くのニュースサイトが記事にしてあげていますから、その強い記事やニュースをかきわけてSEO対策(ヤフーやグーグルで上位に表示される方法)が必要になってきます。

つまり、Airbnbに情熱を注いだ記事を書き続けない限り、Airbnbというキーワードで上位表示することは難しいです。

もともと、こずかい稼ぎで参入してくる人が多いAirbnbですから、そこまで努力して記事を書き続けるなら元からブロガーになってるでしょう。

Airbnbの特徴としては、開業にお金がかからない、楽して金儲けができる、違法でもばれないというところでしょう。

苦労して金儲けしたい人が参入してくる業界ではないので、そういったエアビホストが真面目にブログなんか毎日書かない。

ほとんどのAirbnbホストは楽して金儲けしたい!というのが第一の目的です。

Airbnbでブログを書いても収益と関係しない

Airbnbでブログを書き続けたとしても、エアビの収益が増えないということも関係しています。現在、Airbnbを利用するのは外国人旅行者がほとんどで日本人の利用はあまり多くはありません。

つまり、日本語で日本人に向けてAirbnbのブログを書いたとしても、それは収益と直結するものではないということです。

むしろ、自分のAirbnb営業方法を周知させたくはないでしょうから(うまくいっていればの合話)ブログで情報をばらまくことは望まないでしょう。

Airbnbのブログをネットで見つけた

airbnbホストの愚痴ブログ

Airbnbでブログを書いている方をネットで見つけましたが、どうやら無許可の民泊のようで、本文には下記の文言がしっかりと書かれています。

保健所から手紙が来たとか

管理会社にバレたとかではないんですが

   久しぶりの更新です!   ブログを書いていない間にもいろいろな事が起きていましたが …

ということは、保健所から手紙がきたり、管理会社にばれたらまずい状態で営業しているって自分から言っているようなもんです。

顔出しなし、Airbnbの物件詳細の記載なしにブログ更新しているようなので、ばれないと確信して更新しているようです。

無許可営業は大変危険なので、下記の記事でも読んでくださいね!

無許可営業は痛い目をみる!Airbnbホストが契約違反でトラブル エアビーアンドビーを撤退したエアビホストの話

Airbnbホストのモラルがないのは、目先のお金のために簡単に法律をやぶってしまうことです。法律が現状においついていないことは確かなのかもしれませんが、だからといって破ってもいいもんじゃないです。

Airbnb物件の近くの近隣住民は迷惑でしかないのですから、そこはちゃんと責任をもって管理してほしいもんです。隣に住むとか、苦情を言える電話番号や緊急連絡先をドアや営業物件の前に掲示するべきではないでしょうか。

ブログを書き続けるのは根気と根性がいる

エアビホストにブログは少ない

どんなブログで必要ですが、根気と根性が必要です。アクセスがない期間はモチベーションはあがりませんし、検索数がとれない記事ではアフィリエイトやアドセンス収入も入りません。

Airbnb営業でラッキーパンチで物件があたったとして営業利益が出ていれば、ブログ更新は煩わしい作業にしか思えないでしょう。

Airbnb経営が3か月で終わる人も多いので、ブログを書き始めたころにはAirbnbリスティング撤退なんてこともあるでしょうね。

まとめ

ということで、Airbnbのブログを書けない理由は、エアビホストがほとんど無許可で違法物件で営業しているから。ブログを書いても、利益とは直結しないからだと推測。

楽して儲けたいのだから、めんどうなブログなんか書くわけないか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする