Airbnb(エアビーアンドビー)が千葉市で解禁か 特区民泊は若葉区と緑区

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
千葉がエアビを解禁か

Airbnb(エアビーアンドビー)のために千葉市が特区民泊を解禁してくれる?

千葉市が6月26日、国家戦略特区にて、民泊(AirbnbやHomeawayなど)の民泊を2017年中に解禁することを公表した

民泊ビズより参照:

千葉市は6月26日、国家戦略特区において、住宅に旅行者を有料で泊める民泊を2017年中にも解禁することを公表した。 市は「国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業(特区民泊)」を活用し、内陸部の活性化を図る。「緑」「里」「農」をキーワードとする農業体験や自然豊かな内陸部の観光資源を有効に活用し、「“ちば”共創都市圏

大阪市と違って、動きが速いですね。年内にも始動するとのことで、なかなか千葉市はやるなといった印象を受けました。

国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業(特区民泊)

「緑」「里」「農」をキーワードとする農業体験や内陸部の観光資源を有効活用するそうです。

つまり、田舎にこいってことかな。

ちば共創都市園として、連携を組みながら訪日外国人を呼び込むという方向性だ。

若葉区と緑区のみ

airbnb特区民泊

特区民泊は、若葉市と緑市の一部のエリアだけに開放されるようで、都市部の民泊は認めない方針のようです。

外国人には田舎に来てほしいのであって、都市部のホテル営業を邪魔するような民泊はいらないということでしょう。千葉市にあるディズニーランドの周りのホテル営業を邪魔するような民泊は必要ないのかもしれません。

必要宿数は2泊3日以上とし、ホストが同居するホームステイ型の民泊は不可としている。

なぜ、ホームステイ型の民泊が不可なのかよくわからないが、何か特別な理由でもあるのでしょうか。むしろ、家主不在型の方が、民泊の問題になっているようですが、千葉市の目論見が全くわかりません。

法律 等による 認定 事業者の責務 事業者の責務

○事業認定申請前に近隣住民への周知、説明
○衛生基準 は旅館業の許可と同等衛生基準
○ゴミの適切な処理 ゴミの適切な処理 ゴミの適切な処理
○利用開始時及び終了の対面等による本人確認
○外国語による注意事項(騒音、火の元 )説明
○緊急時対応(24間)・苦情の窓口設置 緊急時対応(24間)
○事業実施状況の報告 事業実施状況の報告 事業実施状況の報告

12月中に事業を開始する見通し

年内開始の予定で千葉市の対応は相当早いですね。民泊新法が制定されるまえに動いてしまおうということでしょうか。

7/1 市政だより掲載(パブコメ実施、住民説明会)
7/3~8/4  条例(案)の概要  パブリックコメント実施
7/15 7/15 若葉区、緑住民への説明会実施
9月 平成29年  第3回定例会 条例議案提出
12月中 事業開始 事業開始 事

千葉市は民泊新法を敬遠している?

2018年の民泊新法が始まる前に特区民泊を制定してしまおうというわけとは?若葉市と緑市のみに特区民泊を開放し、民泊新法を大きく規制するつもりでしょうか。

千葉市中心部に民泊が必要であれば、若葉市と緑市のみに限定して特区民泊を開放することはしないでしょう。

民泊新法ができても千葉市内は、民泊を条例で規制する体制ということかもしれませんね。

若葉区をAirbnbで検索してみた

若葉区 airbnb

若葉市のエリア検索で貸切物件が24件しかヒットしませんでした。現状あまり人気はないようです。

Airbnb若葉区で検索

緑区をAirbnbで検索してみた

若葉区 エアビー

Airbnbの緑区を検索してみました。少し広範囲に設定しても貸切タイプで9件のみのヒット。

Airbnb千葉県緑区で検索

まとめ

千葉市が特区民泊を解禁したのは、田舎の若葉区と緑区のみ。他のエリアでは民泊を認めないという意味もあるだろう。