Airbnb(エアビーアンドビー)稼ぐためには ゲストハウス編

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
ゲストハウス

Airbnb(エアビーアンドビー)民泊ホストが、ゲストハウスを開業してもうまく稼ぐことができない場合は多い。どうしてだろうか。同じ宿泊に関連したビジネスだが、どういった違いが業界の中であるのか考察してみる。エアビホストはどうすれば稼ぐことができる?

ゲストハウス【簡易宿所】と民泊

ゲストハウスで稼ぐ

ゲストハウスとは、旅館業法でいう簡易宿所というカテゴリーに入る宿泊施設である。古民家、一軒家、ビルワンフロア、ビル一棟など様々な建物で許可さえあれば、用途地域内で営業できる。意外と知られていないのが、宿泊施設のカテゴリー分けは、建物の規模で決まるものではない。どんなに大きい物件やビルであっても、ホテルではなく簡易宿所で営業することは可能だ。

ゲストハウスは、トイレ、キッチン、リビングなどを共同の設備があり、宿泊客でシェアして使用するというスタイルの宿泊施設だ。

日本人とゲストハウス

エアビで稼ぐ

近年は外国人訪日数の年々の増加もあり、外国人客がメインのビジネスになっている。国内の日本人からすれば、誰かとシェアする時間や空間は、プライベートが保てないというところがデメリットになるので、あまり人気はない。

特に音漏れや自分のプライベートスペースを気にする日本人にとって、共同生活はあまりにも居心地が悪く、どこから来たのかもわからない外国人と一緒にスペースを使用するのは好ましくない。外国人慣れしていない日本人にとって、施設内に滞在するのは苦になることが多いだろう。

月に一度のお楽しみ旅行をわけのわからない施設のせいで台無しにはされたくない。1~2日での短期間の旅行なら宿泊費用も大きくは変わらないだろうから、ホテルや旅館を利用する日本人は比較的多い。

民泊ホストはほとんど無許可

無許可のホスト

日本全国のほとんどのAirbnb(エアビーアンドビー)ホストは無許可で営業しているのが、現状だ。Airbnb(エアビーアンドビー)物件が思いのほかうまくいったので、特区民泊もしくは旅館業法の許可をとってゲストハウスを開店しようと思うホストも少なくない。合法的に運営した方が、長く営業を続けられるという考えからだろう。

2017年3月28日現在で関西圏で許可のある特区民泊は52施設101室しかない。

特区民泊における認定施設一覧

ちなみに、2017年の大阪でのAirbnb登録物件の営業数は12000室を超えている。

つまり、Airbnbだけで見ても、許可のある民泊物件は1%にも満たない。

しかも、民泊仲介サイトはAirbnbだけではなく、Homeawayや自在家など他にも存在している。

特区民泊物件一覧

簡易宿所の許可の場合、現行の法令では旅館業法、消防法、建築基準法など、建物の規制の用途に関する規制も多く、普通の物件ではほとんどが許可がおりない。もちろん、マンションで営業することはほぼ不可能だ。用途区域の制限があるため、住居専用地域やその他の制限されている地域では営業ができない。

もしAirbnb(エアビーアンドビー)を許可物件として営業しているとしれば、簡易宿所もしくは特区民泊の許可を受けて運営しているに違いない。民泊新法の成立でAirbnb(エアビーアンドビー)ホストも登録する義務が発生するが、多くのホストは登録しないのではないだろうかと予測している。

登録すれば、年間180日以内に営業日数にしばられるため、ビジネスとしては成り立たないからだ。

無許可で黙って営業を続ける方がホストにとってメリットが大きい。ホストは、営業の実態を隠して(許可がなく、営業の開始もしていない)いるのだから、税金ももちろん払うわけがない。

税金を払ってしまえば、営業の事実がばれてしまうためにすべてを隠ぺいする必要がある。

旅館業法違反、脱税など法律に触れているが、ホスト自身が犯罪としての認識がないため、多くのホストは悠遊と営業を継続している。

どうして無許可で始めるのか

Airbnb(エアビーアンドビー)が日本に到来した時から、法的にグレーゾーンだという認識が広がっていた。外国人旅行客に間貸しすることが賃貸契約だといいはるホストも多く、Airbnbが宿泊業としての認識はとても浅かった。反復継続して営業することや寝具を貸し出しする事は旅館業法の違反になる。

完全にアウトです。

ホスト側が旅館業法に対して知識がなかったことが問題だった。

もう一つの理由に、みんながしているから大丈夫という安易なものもあるはず。

どうして無許可を続けるのか

死ぬ程お金ほしい

2015年の民泊元年ともいえる年から爆買いの影響もうけ、訪日外国人が爆発的に増えた。まだまだ少なかった民泊業界は、その頃ブルーオーシャン(競合がいない状態)だったので、誰がどんな物件を営業しようが利益があがったのだ。

つまり、誰がやっても稼げた時期が存在したし、儲かった。

物件を転貸し、管理は代行会社に任せて、月に10~20万円の収入があるとなれば、リスクがあっても無許可で営業したいという人が多い。

無許可で黙って営業を続けることは、実はホストにとってメリットが大きい。ホストは、営業の実態を隠して(許可がなく、営業の開始もしていない)いるのだから、税金ももちろん払うわけがない。

税金を払ってしまえば、営業の事実がばれてしまうためにすべてを隠ぺいする必要がある。

ゲストハウス(簡易宿所)と貸切り物件の違い

でかすぎるキャリーケース

Airbnb(エアビーアンド)とゲストハウスの決定的に違うところは、貸切りであるかそうでないかというところだ。確かに、Airbnbのリスティング(貸出)物件の中でも、個室やシェアルームといったカテゴリは存在するが、そういったニーズのシェアは、割合少ないものだ。

Airbnb(エアビーアンドビー)のゲストが好んで予約するのは、貸切り物件。

よくよく考えてみてほしい。海外に家族旅行や友達と旅行する場合に、自分達だけの貸切物件で使用したいと思うのが普通ではないか。知らない国の人や邦人家族と同じスペースをあえて使用はしたくないだろう。ましてやトイレ待ちやシャワー待ちなど不便なところも多くなる物件をあえて予約はしない。

ゲストハウス個室<Airbnb(エアビーアンド)貸切物件というのが、現状。

ゲストハウスは基本的にシェア

シェアのトイレ

ゲストハウスそのものを貸切りにするという場合もあるかもしれないが、基本的にはゲストハウスは、トイレやシャワールーム、キッチンをシェアする設備が多い。ゲストハウスでも宿泊方法として個室は存在するが、貸切り使用よりはゲストの予約希望性は劣るだろう。

ゲストが求めているもの

エアビairbnb民泊

外国人海外旅行客が求めているものとしては、「価格」「プライベート性」「立地の良さ」の3つがメインになるだろう。

価格

価格に関しては、Airbnb(エアビーアンド)が断トツに安い。団体旅行に関して言えば、大人数を受け入れられる民泊も多く存在し、1人につき2000円程度の追加料金を払えば宿泊できてしまう。ホテルやゲストハウスの個室予約の場合は、部屋数を多く予約しなければならず、エアビの物件と比べると2倍以上も価格に差がでてしまう。団体旅行は圧倒的にAirbnb使用がおだ。

プライベート感

既におわかりだろうが、プライベート性もAirbnbで貸切り物件を使用する方が高い。既に飽和した大阪の民泊物件では、安い貸切り物件を探すことは何も難しくない。価格競争がすでに始まった民泊業界では買い手側が圧倒的に有利だ。

わざわざ、ホテルやゲストハウスの個室に高いお金を払って泊まる必要性がない。

立地の良さ

Airbnbの人気物件のほとんどは、駅周辺の立地になっている。歩いて5分以内の物件も少ない。外国人旅行者は大きなキャリーケースをもって移動しているので、遠くの宿泊施設まで歩きたくないものだ。

多くの場合に、駅周辺はマンションが多く存在しているため、旅行者にとっては駅近民泊は大変都合が良い。ホテルやゲストハウスなどの宿泊施設の場合は、駅に近くなればばるほど価格が上がる傾向がある。

そういった既存の宿泊施設が抱えるデメリットをスルーできる唯一の存在が、民泊施設ということになっている。

英語力が必要

英語クッキー

ゲストハウスが貸切り物件ではない限り、Airbnbの貸切り物件のように鍵だけ渡して、勝手に使ってもらうという営業方法はできない。ありとあらゆる質問には、最低限の英会話が必要だ。

ゲストが施設の場所がわからない場合は、英語で電話をしなければならない時もあるし、観光案内についてや、施設のついての説明、ちょっとした会話をこなす英語力がいるだろう。

ゲストハウスと貸切り物件は全く違う

同じような外国人客を相手にするから、同じような要領で経営すればいいかと思いがちだが、実際は全く違う別物だ。ニーズ自体も現在はAirbnbに有利な条件が多く、流行りというのもあって風向きは民泊に追い風の状態だ。

ゲストハウス

ゲスト:一人旅、友達同士(少数2~3人)、カップル(個室使用)条件:低価格

期間:短期

民泊

ゲスト:団体(大人数4~10人以上)、カップル(貸切)

期間:短期もしくは長期(貸切りの傾向は長期)

エアビー民泊で稼ぐ

稼ぐお金

ほとんどのホストがボランティアではなく、お金を稼ぐためにゲストハウス運営をするだろう。その時に、必要な注意点と稼ぐ方法を簡単にまとめてみる。

一人旅行客で稼ぐ

現在、一人旅行客の単価が上がる傾向はない。カプセルホテルや安いビジネスホテルがインバウンド業界に大きく参入して、大きく稼いでいる。個人の参入で、一人旅行客をターゲットにして稼ぐことは難しいが、方法があるとすれば個室で提供する方法だろう。

部屋の大きさは、特に問わない。以前のようにドミトリータイプで、沢山詰めこんで稼ぐ方法は、もう古い。そういったプライベートがない空間を旅行客はもう好まない。

小さくてもいいから、プライベートが確保できる小部屋を用意できれば、一人旅客を中心にしても稼ぐことはできるだろう。

大阪のドヤ街のホテル形式で、清潔感のある小部屋がキーワードだ。単価は安くなってしまうため、多くの部屋が必要になる。部屋数は、少なくても20以上は必要になるのではないだろうか。

部屋数を沢山確保しなければならないため、個人のゲストハウスでは、難しいかもしれない。

友達同士、カップルで稼ぐ

近隣のホテルの値段が高い場合は、友達同士もしくは外国人カップル客がねらい目だ。ホテルよりも安くすれば、ダブルもしくはツインルームで集客は可能だろう。価格は、ホテルの個室より3割以上安くすることをおすすめする。リーズナブルに見えるはずだ。

稼ぐにためには、ホテル個室よりも低価格、高稼働を狙う。

まとめ

ゲストハウスと民泊(Airbnb)は全く別もの。簡易宿泊所の許可を取って営業したとしても、宿泊施設に来るターゲット客層は全く違うものだ。一から経営の戦略を考える必要がある。稼ぐためには、すべてを見直す必要がある。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする