Airbnb(エアビーアンドビー)京都市の無許可民泊に営業停止指導300件

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
エアビ無許可

京都市がついに本気を出したか。無許可民泊を次々と指導していっているようですが、ゴキブリのようにわいて出てくる無許可物件。おそらく、ほとんどがAirbnb(エアビーアンドビー)物件だと思います。一番有名サイトはやっぱりairbnb。

京都の保健所は無許可のAirbnb物件が増えて忙しくなったことでしょう。

参照:

京都市は、「民泊通報・相談窓口」に寄せられた1,901件の通報に基づき、延べ2,143回の現地調査を実施。うち…

通報・相談窓口

京都市は「通報・窓口」に寄せられた1901件の通報のうち、2143回の現地調査を実施したということだ。そのうち300件の無許可営業の物件に営業を停止するよう指導を行った。

民泊対策プロジェクトチーム

Airbnbエアビ無許可

2015年から民泊に対する対策プロジェクトチーム(民泊PT)を開始。2016年7月には、「通報・相談窓口」を設置し、住民からの相談や通報の受け口として開始している。

電話番号

075-223-0700

年中無休(ただし,年末年始を除く。)

時間 午前10時~午後5時

FAX番号(24時間,受け付けています。)

075-223-0701

「民泊」対策に特化した専門チームを設置

2017年4月から各区役所の衛生部門を医療衛生センターに集約し、違法物件に対して特化した専門チームを設置するなど、違法施設を排除する取組を行っている。

京都の指導状況

京都のAirbnb

2017年3月末までの指導状況は、調査指導対象施設となった1159件のうち654件に対して所在地の特定ができている。300件については営業停止を指導し、222施設については引き続き指導を行っている。

その一方で、505件については住所の特定ができず、運営しているホストの不明にりより、指導が行えていない状況だということだ。

調査委託事業者

京都市は、2017年度予算案に民間業者への民泊施設調査委託費用として1880万円を計上いsた。公募で選ばれた調査委託事業者はJTB西日本だった。

これまで無許可営業の物件が特定できなかったものに対して仲介サイトの掲載情報の分析、現地調査を強化することで京都市にデータを報告する。

平成28年度旅館業法における無許可営業疑い施設に対する指導状況等

京都市のホームページに掲載はこちらから

※PDFファイルです。

許可施設数の推移(京都)

許可施設データ

平成29年の新規許可数がかなり少ないことを見ると、京都の施設総数の増加は今年で頭打ちとなりそうだ。

京都のAirbnb物件データ

京都市のAirbnb

京都市内の総Airbnbリスティング数は。9169件だった。(2107年6月現在)掲載中の物件は、5095件で大阪と比べると半分程度の数字になっている。4425件レビューがある物件が意外に多い。

リスティング賃貸比較

京都のAirbnbデータ

Airbnb登録物件で比べると京都市内と大阪市内では少し状況が違う。2~3名定員の物件がきわだって多くなっている。団体客をいれるというよりは、小さなワンルームで営業しているAirbnb物件が多いということが予想できる。

リスティング登録数推移

Airbnbデータ

京都市の取締指導が多いにもかかわらず、Airbnb物件数はまだまあ増えている。

リスティング停止推移

エアビのデータ

5月の停止物件が多いのは、ゴールンウィークが終わって停止したAirbnbの物件が多いからだと推測ができる。

物件タイプ、部屋タイプ

京都エアビデータ

大阪市内と同じで、Airbnbでは部屋タイプは貸切が多い。物件タイプにゲストハウスの登録数がかなり多いのは、京都ならでは特徴だろう。

言語対応別リスティング数

京都のデータ エアビー

日本人ホストが多いせいか日本語と英語対応が多い。その次に中国語と予想どうりだ。

Airbnbは違法物件を削除するつもりはない

行政に関しては大阪よりも京都の方が無許可物件に対しては動きが早いようだ。京都はAirbnbが流行る前から旅館業法に関しては厳しいかった。(景観法など)

Airbnbサイト自体は、サイトから無許可物件を排除することはしないと明言している。

そもそも日本に関しては、無許可の上でなりっている状態のビジネスシーンだから、削除できるわけがない。

参照:

AirLABOは国内Airbnb物件(民泊物件)の予約率、収益予測、市場データを公開しています!

まとめ

京都市は頑張って指導しているようだが、まだまだ無許可のAirbnb民泊がなくなることはないだろう。調査委託事業者と連携して違法物件を排除していっても、淘汰するには時間がかかりそうだ。