Airbnb(エアビーアンドビー)稼げない 既にオワコン 個人的な意見を書いてみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
稼げない

Airbnb(エアビーアンドビー)民泊で稼ぎまくってやろうと思っていた人達が、だいたい3か月程度でエアビを止めていっていることをご存じですか。

エアビがまだまだいけると思いこんでいる人達が多いようなので、ちょっとばかり厳しい現状を書いてみました。

エアビは正直オワコン(稼げない)

無許可airbnb

とりあえず賃貸物件を借りて、無許可で営業してみて儲かったら許可を取ろうと思っているホストがほとんど。Airbnbホストの85%は無許可だといわれています。

いきなり逮捕される事例は数少ないですが、停止命令を無視して継続営業すると逮捕されます。

ヤミ民泊の指導は1割のみ:

大阪市は追いつかず。Airbnb(エアビーアンドビー)ニュース ヤミ民泊指導1割 一万施設 追いつかず

京都は無許可物件を営業停止させている。

まだまだ指導が足りない?Airbnb(エアビーアンドビー)京都市の無許可民泊に営業停止指導300件

大阪市だけでも、既に登録物件13000件以上、稼働物件は常時1万件以上のスーパー飽和状態です。著者が知っているだけでも、数人が3か月以内にエアビを止めていきました。

3か月で止めていったホスト達

airbnb 敗者

安い賃貸物件のワンルームを借りて、Airbnbを始めた主婦。エアビの競合は駅5分以内の中級マンションで違法民泊をはじめる。戦略もない主婦の物件は、競合にうもれてしまい、売上が激減。3か月程度で撤退するはめに。

新大阪駅から地下鉄御堂筋線で一つ目の西中島南方駅。徒歩1分のビルでAirbnbを始めたビルオーナー。Airbnbが流行りだしてから新大阪駅付近で競合物件があふれてしまい、客が入らず。3か月で撤退。

流行りでなんとなく空いている部屋をAirbnbに登録した学生。個室のニーズが既になく、予約も入らず即撤退。大阪市内は、貸切タイプで安い物件が沢山リスティングされている。

停止した物件の数(大阪府内)

大阪のエアビの停止数

大阪府のAirbnb登録物件数は現在まで27755件です。停止した物件数は22470件。6月現在で掲載しているのは5285件に。

登録した物件の5分の4は停止しているということです。

6月のリスティング停止物件がヤバイ

6月のリスティング停止物件数は、なんと27日現在で6767件!!

まだ月末まで日数がありますからまだまだ増えそうです。停止物件が7000件はいくんじゃないですかね。

メインの駅を外したら即終了。

新大阪

大阪市内で言えば、新大阪、梅田、難波を外したら営業を続けるのは相当厳しいでしょう。ゲストは立地∔物件の写真で予約を決めます。

ゲストが探すエリア内に物件を所有することがまず基本。エリア検索だけでも300件は競合がでてきますから、1ページ目もしくは2ページ目に表示されないと予約をとることは厳しいでしょう。

レビューがないから新規登録は超不利

レビューが100件ついているホストとレビューが5件ついているホストでは、どちらが予約の成立が多いでしょうか。ゲストはホストのレビューを重要視しています。レビューが少ないだけで、予約の成約率は下がります。

家賃でやっていけなくなる

家賃が払えないairbnbホスト

競合よりも条件が良い物件で、価格が安くないと予約は入りません。自分がやりたいと思うエリア検索をして、検索結果から3ページ目まで検索したら、その物件のすべての予約状況を確認してみてください。

1か月先の予約がほとんど入っていなかったら、そのリスティング物件は3か月後に止めている可能性が高いです。特にマンションの部屋を転貸ししている物件は家賃で赤字になるでしょう。

特徴がないと無理

エアビー物件

Airbnbの業界は既に立地、価格、レビュー評価だけでは、勝負できなくなっているのが現状です。それ以外に泊まる理由がある物件を作らないと民泊戦国時代は生き抜けないと思います。

例えば、

  • 日本酒飲み比べができるサービス付き
  • アニメの世界が広がる部屋
  • 忍者屋敷など

他にないサービスを提供できるリスティング物件が勝ち残るのは言うまでもないです。

民泊新法の施行が2018年予定

民泊新法の施行と同時に無許可民泊はサイト内から締め出される可能性が高いです。

許可がとれない物件は、Airbnbサイト内から予約が取れないシステムに移行されるでしょう。

民泊新法施行以降の新規登録には、行政の届け出証明が必要になる予定。Airbnbは今後、合法化営業に向かっていきます。

無許可で稼げる期間は後半年程度でしょう。(2017年6月現在)民泊新法の施行の後は、無許可民泊は完全な違法行為という位置づけになります。

無許可の違法物件で黙って稼ごうというのは、これから犯罪者になって捕まるようなものです。

それでも稼げると言い張るのは誰か

airbnbはオリンピックまで

airbnb社、airbnb関連の書籍を書いている人、民泊代行業者、民泊関連のサービスやグッズの販売をしている業者はずっと儲かると嘘をつき続けます。こんな風に。

「2020年オリンピックまでは、民泊は大丈夫!なんの根拠もないけど。」

ホストが儲かる儲からないの関係なしに、中間業者は仕事がほしいです。書籍の著者は本が売れたらそれでOKです。

2020年までに大資本のある企業やホテル開発が全力でホテルを作り続けますから、民泊の新規参入はもう無理だと個人的に思っています。

2020年までに、ホテルが飽和するかもしれません。

まとめ

個人的な意見としては、Airbnb(エアビーアンドビー)業界はオワコンです。オリンピックまで大丈夫は妄想。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする