らくだ倶楽部とAirbnb(エアビーアンドビー)業務提携 高級旅館ホテル掲載か

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2
らくだ倶楽部

Airbnb(エアビーアンドビー)とらくだ倶楽部が提携します。2015年から爆発的に広がった民泊の原因が

ついに旅館業界に進出するようです。一般的な旅館ホテルサイトとの提携ではなく、高級旅館

ホテルサイトの「らくだ倶楽部」との提携です。

らくだ倶楽部とは

airbnb

Airbnbといえば「安い、違法、迷惑」の3点で有名な民泊サイトとして2015年から日本各

地で広がり続けているイメージがあります。利用するゲストもほとんどが外国人客で、近隣の

住民には迷惑極まりない状態が2017年現在でも続いています。

しかし、外国人利用者にはメリットが大きく、利用者はどんどん増える傾向にあります。

一般住宅に旅行者を有料で泊める民泊の仲介世界最大手、米エアビーアンドビーは日本の高級旅館・ホテルの予約サービスを始める。日本のオンライン旅行大手と組み、サイトで予約を受け付ける。世界の旅行者の幅広い要望に応じるため、特徴のある施設を中心に情報を掲載する。昨年、世界で8千万人が利用したエアビーからの送客が増えれば、訪日客の拡大にも弾みがつきそうだ。

日本経済新聞より引用

Airbnb

らくだ倶楽部について

らくだ倶楽部

らくだ倶楽部とは、株式会社エボラブルアジアが運営する予約サイトです。他にも「エアトリ国内宿泊」などもエボラブルアジアが運営しています。高級なホテル旅館サイトのイメージが強く、金銭的に余裕のある人達が使用する感じの予約サイトです。

けっして、じゃらんや楽天トラベルが貧乏人の予約サイトという意味ではありません。

らくだ倶楽部

らくだ倶楽部と業務提携

AirbnbのプラットフォームにAPI連携で宿泊施設の掲載が可能になりました。つまり、らくだ倶楽部およびエアトリ国内予約の在庫そのものが、Airbnbの予約サイトに掲載されることになると思います。

具体的には、25室以下の小規模施設や大型施設のスイートルームやVIP室など。高級施設や個性的で独創性のある施設を掲載していく方針だ。

ということですべての宿泊施設を掲載するわけではないようです。

今後は、5000軒の掲載を目標として対象施設の拡大を進めていくという。

らくだ倶楽部との業務提携 個人的な感想

airbnbらくだ倶楽部

Airbnb利用者の目的は、ホテルや旅館よりお安く泊まれるかもしくは地元の人達と交流のも

てる物件を探していると思います。特に貸切使用での団体予約のメリットが大きいからです。

要は安くなるから。

そもそも宿泊料金が高くても問題がなく、ホテルや旅館に宿泊したい旅行者はBooking.comやExpediaから予約するのではないでしょうか。

AirbnbゲストがAirbnbを使用する理由は、ホテルや旅館にないメリットがAirbnbサイトに掲載されている物件にあるからです。それは物件の価格であったり、面白い特徴であったりすることなので、そのプラットフォームに高級旅館やホテルを入れ込んで、予約があるのかというところに疑問を持ちます。

Airbnb利用者からすれば、選択肢が広がるメリットしかないので喜べる業務提携といえるのではないでしょうか。

 


エアトリ国内予約の掲載概要

初期費用:無料

お手数料:宿泊代金の10%(事前決済代金が別途必要。ソフトバンクペイなら2%程度)

利用可能な一元管理システム:手間いらず、ねっぱん、TL-リンカーン、らく通の4システム

提供元となる予約サイト:エアトリ国内予約、らくだ倶楽部

参加 資料請求・お問い合わせ

株式会社らくだ倶楽部(株式会社エボラブルアジア100%子会社)

〒105-6219 東京都港区愛宕2-5-1 愛宕グリーンヒルズMORIタワー19階

電話03-5473-3550/FAX03-6740-2165

Mail:japan-hotelあっとまーくevolableasia.com

まとめ

らくだ倶楽部とAirbnbが提携することで利用者の選択肢は広がる。ゲストと宿泊施設のミスマッチ(価格や施設の概要やサービスの内容について)をどう埋めるかがキーポイントになりそう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする