Airbnb(エアビーアンドビー)に強敵か レオパレス21が民泊参入

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

Airbnb(エアビーアンドビー)に強敵現る?国内でウィークリーマンションで有名なレオパレス21が民泊業界に参入するようだ。

参照:

アパート賃貸大手の株式会社レオパレス21(以下:レオパレス21)が民泊事業への参入を本格検討していることが6月16日までに分かったと、日経コンピュータが6月19日付けで報じた。 レオパレス21は、初期費用の負担を軽減した期間を定めないで住む「賃貸契約」や、1カ月単位で家具・家電付の部屋を提供する「マンスリー契約」

レオパレス21とは

レオパレス21はAirbnbと競合か

レオパレス21は、国内では初期費用の負担を軽減した期間を定めないで居住する賃貸契約や、1か月単位で家具付き、家電付きの部屋を提供するマンスリー契約などで、前項kで約58万戸以上の賃貸物件を管理、公開している。

民泊事業への参入

新法が施行される2018年年度から本格的に始動するのではないかと予想されている。

新法が2017年の6月19日に成立したことを受け、IT整備などを進めていくようだ。

市場はすでにAirbnb(エアビーアンドビー)が占有している状況だ。

システムは導入済

レオロック

すでに借りてとの賃貸契約を電子的に完了することができるシステムや、家賃などの電子決済システムを導入済。

さらに外国人が入居する物件は約1万6000戸もあり、入居者へのサポート業務は、英語、韓国語、ポルトガル語、ベトナム語に対応していることから、民泊事業に参入することは、それほど難しくはない。

外国人旅行者などの観光客がインターネットを通じてスマホアプリなどで予約できるようにする見通し。

スマートロック「Leo Lock」

スマートロック

日本で学ぶ外国人留学生の入居者確保にも力を入れており、アジア各国に支店を構えて、日本の国内の物件を紹介する体制づくりにも力をいれている。

2017年10月完成物件から、スマートロック「Leo Lock」の導入も開始する予定となっているそうだ。

Airbnb(エアビーアンドビー)では鍵の受け渡しをポストや手渡しで行っている。

玄関ドアのキー、新築住宅全戸を今後スマホ・ICカード対応に
シリンダー錠必要なし、日本最大規模のスマート賃貸

新法の営業日数規制は180日まで

宿泊料の支払いや鍵の管理までスマホアプリのみで済ませることが可能だが、新法においては、物件の管理を外部事業者に委託するように義務付けているほか、営業日数が年間180日までとする制限がハードルになる。

レオパレス21は、さらなる規制緩和がすすまないと参入しても採算があわないとみており、緩和のチャンスをうかがいながら見極める方針だ。

180日のみ民泊として稼働して、その後ウィークリー賃貸物件に戻すといったことは、管理に手間がかかるだろう。

レオパレス21のターゲットは

旅行

レオパレス21のターゲットは外国人旅行者の観光客だろうか。国内の賃貸業では大手で有名どころではあるが、仲介サイトとしてはどうやってシェアを広げていくか。

国内の民泊物件のシェアは、90%以上がAirbnb(エアビーアンドビー)が占めており、Home awayや自在家などの仲介サイトは、ほんの一部だ。

その間にレオパレス21が入る隙間があるかどうか、2018年度の新法の施行後が勝負になるだろう。

Airbnbと業務提携するか、Airbnbのプラットフォームを使用する企業が出てくれば、圧倒的に有利にビジネスをすすめることができるだろう。

すでにAirbnbと提携している企業も出てきている。

Airbnbと提携したエボラブルアジア

Airbnb(エアビーアンドビー)とエボラブルアジアが業務提携 集客説明会を開催します。2017年のスケジュール内容を掲載中。東京、大阪、京都、福岡、那覇

その他の大手企業の参入

airbnb lux

楽天、KDDI、一休.comなどの大手企業も民泊に参入することを決めている。先述した企業が高級リゾート物件を対象としているのに対して、レオパレス21が違うのは、自社の管理する一般的なマンションやアパートの物件を対象としているだろう。

一般的な物件を主に扱うレオパレス21は、Airbnb登録物件と価格帯が同じになってしまうのではないかと考えている。

Airbnbが日本の民泊業界を占有している状態は、これからもしばらくは変わらないだろう。海外旅行者の予約をAirbnbの既存の顧客から奪えるかどうか。

更にairbnbは高級版「Airbnb Lux」も検討している。

高級エアビが始まる可能性!Airbnb(エアビーアンドビー)高級民泊を展開か 「Airbnb Lux」を展開計画

まとめ

新法の180営業規制がかなり大きなハードルになっている。国内大手賃貸業のレオパレス21は、営業日数規制が緩和しない限り、民泊業界参入での採算があわない。

Airbnb(エアビーアンドビー)一強はしばらく続きそうだが、高級物件を扱うシェアリングエコノミー業界なら、まだまだ参入できるかもしれない。