Airbnb(エアビーアンドビー)トラブルや差別 ホストがゲストを階段から突き落とす

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

Airbnb(エアビーアンドビー)のホストがまたやらかしたようです。やはり、差別はいつまでもなくならないようですね。

Airbnbのホストがチェックアウトが遅れた黒人のゲストを階段から突き落としました。

(写真:Nkumbiさんの友人のInstagramより)

光文社発行 “NO.1国民的週刊誌”女性自身PCサイト。全国の女性の「見たい・知りたい」に応えていきます

Airbnbのトラブルとは

Airbnbが世界中で人気になればなるほど、トラブルの数もそれに比例して増加します。

ゲストがホストによって階段から突き落とされるというショッキングな動画がインスタグラムで公開されました。

突き落とされたのは黒人

故郷の南アフリカを離れてヨーロッパに住んでいるSibalhe Nkumbiさんが今回の事件の被害者です。先週末、友人のアートエキシビジョンを見るためにAirbnbで探したアムステルダムの物件に数人で宿泊したそうです。

Youtubeに一部始終をアップロード

Nkumbiさんは、一部始終をYoutubeに動画をアップロードしました。その動画によるとチェックアウトの日、既定の時間を過ぎてもまだ家に宿泊いた。

急いで退去の準備をしているところ、ホストの夫婦が到着。

「許せない。今すぐ荷物をまとめて出ていけ」と言われた。

更に「今すぐでていけ!今だ!」と追い立てるホストに

Nkumbiさんが、すぐに退出する旨を伝えた途端、彼女は階段の方におしやられ、足を踏み外して階段を一気に落下してしまった。焦ったホストは救急車を呼び、Nkumbiさんは病院へ運ばれた。

Airbnbホストの差別的発言

Airbnbホストは黒人の彼女達を

「You people(お前らみたいな連中)」

「女王様気取りは勘弁してくれ。ここはアフリカじゃないんだからな」と差別的な言葉で叫んでいたという。

Nkumbiさんは、「どんな肌の色の人でも、これと同じことが自分に起こったら人種差別的な攻撃を受けたと解釈するでしょう。もし私たちが白人なら、きっと違う結末が待っていたと思います」と語る。

Airbnbが言及

Airbnbでは、差別や人を差別することを許していません。しかし、ホストがそういった人種差別主義であることは、Airbnb社は把握できませんから、事件が起こってからでないとわからないでしょう。

今回も黒人のゲストということで、感情的になったホストが起こしたトラブルです。

英Independent紙がAirbnbに取材したところ、この家主の男性の逮捕は確認されていないという。しかし、ダイバーシティ&ビロンギング担当ディレクターのデヴィッド・キングは、「誰ひとりとしてこのような扱いを受けるべきではないし、決して許されることではありません」とコメントしている。

人種、肌の色、民族、国籍、宗教、性的指向、性別認識、婚姻状況

  • Airbnbのホストは、以下をしてはなりません
    • 人種、肌の色、民族、国籍、宗教、性的指向、性別認識または婚姻状況に基づいてゲストを却下すること。
    • 人種、肌の色、民族、国籍、宗教、性的指向、性別認識または婚姻状況に基づいて異なる条件や制約を課すこと。
    • 人種、肌の色、民族、国籍、宗教、性的指向、性別認識、または婚姻状況を理由にゲストが宿泊をあきらめるように仕向けたり、ゲストを選り好みするようなリスティングを投稿したり、発言をしたりすること。

まとめ

Airbnbが便利なサービスには違いないが、ホストとゲストの主観ですべてが決定するため、モラルのない人達だとトラブルが発生する。

ホストやゲストを教育することは、不可能なため、Airbnbではこれからも差別トラブルはなくならないのではなかろうか。

被害にあった黒人の彼女ももう2度とエアビを使用しないでしょうね。