危険なトラブル Airbnb(エアビーアンドビー) 不正ログインでクレジット被害

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2
airbnbで起こったトラブル

Airbnb(エアビーアンドビー)の不正ログインでクレジットが勝手に使用されたトラブル事例があったそうです。

おそらく、公共のWi-fiやデータが残るようなところでパスワードやログインしてしまったのが原因ではないでしょうか。

不正ログインされたトラブル事例:

民泊のAirbnbで不正ログイン被害があったようですね。 不正ログインで知らない...

Airbnbで不正ログイン

エアビでは、メールアドレスまたはフェイスブックやグーグルプラスのアカウントの情報とパスワードがあれば、ログインが可能です。

Wi-fiの公共電波を使用してアクセスした場合に、ログイン情報が抜き取られる場合があります。Airbnbアカウントの中には、クレジットカードの支払情報も含まれていますから、絶対に外出先では公共Wi-fiを使って、ログインしないようにしましょう。

公共Wi-Fiはトラブルの元です。

アカウントが不正使用された ツイッター拡散

日本人のエアビ登録者がトラブルに巻き込まれた様子をツイッターで拡散していました。

どうやら知らない間に中国人に不正利用されていた模様です。

Airbnbでは2段階認証が使用できない

エアビでは2段階認証の設定ができないようなので、パスワードを随時変更するか推測されにくい難度の高いものを設定しておくしかないでしょう。

エアビが2段階認証をシステムに入れていないことも、トラブルの原因といえます。

Airbnbアカウントに不正アクセスされた場合の対処は?

誰かにアカウントに不正アクセスされた(例: 無断ログイン)と思われる場合には、ただちに次の対処をしてください:

Airbnbから抜粋

メールとAirbnbで共通のパスワードをお使いの場合には、メールアカウントのパスワードも念のため変更しておきましょう。

まとめ

Airbnbでログインする際は、公共のwi-fiは使用しないようにしましょう。アカウントにログインする場合は、決まったデバイスから使用すること。公共のパソコンを使用したりするのは、トラブルの元です。

アカウントで処理されたアクティビティがメール送信されるようにも設定しておきましょう。少しでも怪しい操作があれば、すぐにメールが届きます。

なるべく事前に対策してトラブルはさけましょう。