Airbnb(エアビーアンドビー)のゲイ専用民泊サイト「misterbnb」とは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
airbnb ゲイ

Airbnb(エアビーアンドビー)のゲイ専用の民泊サイト「misterbnb」という民泊サイトがあります。Airbnbのゲイ専用の民泊サイトとして、ゲストとホストを仲介しているようです。

既存のAirbnb(エアビ)はゲイもレズも宿泊できるんですが、そこだけに需要があるのでしょうか。

ゲイ民泊を調査してみます。Airbnbとの違いは?

参照:

今日本で、個人のアパートや家の部屋を短期で貸し出すマーケットプレイスサイトのAirBnBを運用する人が増えているようだ。2008年に米国で設立されたAirBnBは、現在は世界190カ国で利用され、掲載されている部屋も150万にのぼっている。ただ、そんな無敵に思
misterb&b is the largest gay hotelier in the world with 120,000 hosts in +135 countries. Rent welcoming & affordable places from people like you!

misterbandbとは

2013年にフランスのパリで設立され、2015年にはアメリカのベンチャーキャピタルの500 Startupsの対象とするスタートアップに選出され、同年5月に200万ドルの投資を受けた。

現在では130カ国以上の国に2万5000以上のホストを擁するまでとなっており、2015年度の売上は400万ドル(約4億8000万円)になる見通し。

創業者のMatthieu Jost(ジョスト)

創業者のジェストはゲイです。彼がバルセロナへ旅行でパートナーの男性とともにシェアアパートを予約した際に、ホストの女性がゲイを宿泊させることを快く思っていなかったようで

「同じベッドで一緒になるつもりなの?」と質問してきたそうだ。

バルセロナに限らず、パートナーの男性と旅行していて部屋のホストがゲイの自分達を快く受け入れてくれないという経験は何度もあったそうだ。

そこで、ゲイによるゲイのための短期レンタルルームを考案。

2013年の春にはフランスの短期レンタルサービスのSejouringの創業者のJulien Delon(デロン)氏と共に、ゲイのための部屋の短期レンタルサービスである「misterbnb」を開始。当初は世界95カ国に5000の部屋を提供するサービスとしてスタートした。同年にはブランドイメージ形成のためにゲイモデルのJohan Akan氏を広告モデルとして起用したという。

ゲイの男性のためのAirbnb(エアビーアンドビー)

ゲイのパートナー

misterbnbはゲイの旅行者を対象に快適に宿泊できることを支援するゲイのためのAirbnb。

ゲストだけでなく、ホストにもゲイが多いのは、サイトで物件を探してみるとすぐわかる。

特にホストになるためにゲイである必要はなく、同性に偏見のないものであれば参加できるようだ。

サービスの使い方はAirBnBなどの部屋を短期で貸し出すマーケットプレイスサイトと同じなので、Airbnbを使用したことがあれば特に問題ないだろう。

パリでは、1100人以上のホストがいるそうなので、ゲイがパリで民泊を探す時には便利だろう。

大阪の登録物件

大阪のゲイのAirbnb

大阪で検索してみたところ、登録物件は3件のみだった。

東京の登録物件

東京にもそこまで沢山の登録物件はありませんでした。

ゲイということろで、市場が狭すぎるのかもしれませんね。

ゲイのためのAirbnb東京

大阪エリアに登録完了しました

せっかくなので大阪エリアにリスティング物件を登録しておきました。

Gay bnb in Osaka, Japan starting at . private room in the guest house. shared bath room and toilets. Just cozy guest house

大阪 ゲイ airbnb

まとめ

Airbnb(エアビーアンドビー)のゲイ専用民泊サイト「misterbnb」。登録物件はまだまだ少ないです。これから流行るかも?